2018年11月6日火曜日

一小秋祭り

「先生!〇ちゃんが休みなので、看板がここだけありません!!」

慌てて、気付いた女子数人。

休み時間、すぐに違う班の女子たちも集合して

「私はここをやるから、色ぬって!」

「わかった!じゃ、〇〇さんはこっちお願い!」


開会式の時間も食い込んでしまったのですが、

数人でなんとか看板を仕上げました。

ものすごい集中力と団結力。

《その後、別の所から、仕上がっていた看板の一部が見つかって、ほっとしたのですが、

せっかく皆がつくったのだから・・・と裏表2枚仕立てで看板を貼っておきました。》


その後・・・

先生!学校クイズがないですよ?

と伝えに来る5年女子。



確かに貼っていませんでした。

気づいたこの子のおかげでみんながクイズを楽しむことができました。


教室に戻ると、今度は、黒板に

「5の1のセロテープは白組〇・〇班が持ち出しています」

との文字。

なんと立派な!!

実はクイズのことに気づいた女の子が書いておいたそうです。


伝えることの大切さ、つながりを感じさせてもらった温かな一日でした。




そのあとも、帰りの遅い班の子を廊下で待ってあげる姿や

給食当番ではないけれど、一番に荷物を持ってきた姿、

配りものがたまると黙って黙々と配る姿、明日の提出物名簿書きをする姿、

頼まれなくてもこぼれているご飯粒や水をふいている姿

など人として尊い姿がありました。



みんな一小祭りでも、2年生を面倒見つつ、楽しく回れたとのことです。

責任感ある態度が見受けられ、頼もしい限りです。


0 件のコメント:

コメントを投稿

一小秋祭り

「先生!〇ちゃんが休みなので、看板がここだけありません!!」 慌てて、気付いた女子数人。 休み時間、すぐに違う班の女子たちも集合して 「私はここをやるから、色ぬって!」 「わかった!じゃ、〇〇さんはこっちお願い!」 開会式の時間も食い込んでしまったのですが、...