2018年6月22日金曜日

ボタンつけ


いよいよ、家庭科も1学期は小物作りを楽しんでおしまいという所まできました。
針のなくしものも一本もなく、安全に取り組んでいます。
 昨日は、ボタンつけをしました。「ボタンって足という場所があるんだ!」
「足のないものは、つければいいんだ。」

「同じところから出て、同じところに入れる・・・この繰り返し。」
とても上手にみんなできました。足がゆるい人もいたかな・・・。
そこは練習していきましょう。
 
 
さて、こちらもすっかり遅くなってしまいましたが、掲示させていただきました。
いいところを生かしつつ、悪いところは改善してという思いが入っている学級目標です。
 
一人ひとりの創意でパズルのように組み合わさっています。
本日授業参観で、細かなデザインをご覧いただければと思います。
さて、お子様はどれをつくってくれたでしょうか・・・。
尋ねてみてください。


0 件のコメント:

コメントを投稿

認知症サポーターの学習

長瀞町の職員の方に、認知症サポーターになるための授業をわかりやすくしていただきました。 とても良い姿勢でしっかりと聞いています。 高齢者になると、体や脳にこんなことが起こりやすくなるのですね。 5の1からたくさんの意見が出されました。 途中、DVDの不調が生じ...