2018年5月31日木曜日

宿泊学習の活動班を決めました。

いよいよあと1ヶ月ほどにせまってきました宿泊学習です。

みんなと協力できる学習の一つとして宿泊学習を行います。



「普段、あまり一緒にいない友達と、

カレーや飯ごう炊さんが上手にできるように

考えて班を組もう!」


これが条件でした。



男女比の関係でどうしても一人になってしまう男の子が出てしまいますが、

「おれが抜けてもいいです。」

と二人の男の子が、女の子とすぐに組んでくれました。

それが、無理矢理ではなく、自分から言ってくれたことに感動しました。



時間はかかりましたが、全員が納得して、活動班を組むことができました。

みんなで決めた班で、おいしいカレーと飯ごう炊さんがきっとできると期待しています。

2018年5月30日水曜日

35

「壊れています。」

「今日もお金を忘れました。」

「もってくるのをまた忘れました。」

「持っていたんですけど、出しそびれて帰りました。」



まぁ、こんなことがずっと2ヶ月続きました。

毎回毎回整頓係が帰りの会の後、

出てない子供の名前を1人、2人、ひどい時は5人以上

書くことになりました。

結局は、それでもなかなか減らなかったので、

意識の改善がはかられなかったのだと思います。




何のことかと言いますと、4月の頭から帰りがけに

ずっと言い続けていた名札のことです。



名札は帰りがけに、机に置く。



たった簡単なことでも35人が揃うのは、時間がかかるんだなぁと

感じました。

でも、やっと。やっと昨日初めて全員の机の左側に

緑色の名札が置かれました。




一人でも置き忘れたら、だめなのです。

でも、みんなで注意しあったらいいと思うんです。

となりの子同士で「名札!」と声を掛け合えばもうちょっとそろうのも早かったかな。



昨日、音楽朝会で、「すてきな一歩」を歌いました。

今まで何度も何度も、こうやって歌うんだと指導してきたつもりでしたが、

結局は、のっぺりとした歌になってしまいました。

緊張に包まれたのでしょう。

いつもとは違う状況の中、音量的にメリハリのない歌になりました。



綺麗な響きだったとは思いますが、

感動・・・・までは遠いなと感じました。



態度は、ほとんどの子が動かず、指揮をよく見て歌えました。

が、指揮から視線を外してしまう子がいました。





練習を一生懸命やっていたのは伝わりました。

でも、それが、本番で見えなかったら、意味がなくなってしまう。


練習のほうがよかったというのは、勿体ないことです。


本番はうまくいかないことが多いのだから、150%の力で普段から

やらなきゃダメなんだという話をしました。





その後、35人中、7人ほどが、今後どうしたらいいのかを意見表明

するために、立ち上がってくれました。

言いづらかったでしょうに、立派な態度だと、そこに私は感動しました。



そのほとんどの子供からでた言葉は


「意識」


名札、歌、それに限らず、生活すべての中に、ちょっとした目標、自分は

どうしていきたいんだという意識が大切なんだと教えてくれた子供たちでした。



昨日は、清掃前に、必ず、間に合うように行って来なさいと声をかけました。



廊下側4つの班が時間に間に合う清掃を、意識をもってしてくることができました。

35人の意識で、きっともっと速く、もっと上手にいろんなことができることと信じています。

小さな一歩、すてきな一歩です。






2018年5月21日月曜日

自分で決める

本日の給食。

先日、時間延長してでも、一生懸命食べた子供たち。

ほんとにえらかったんです。

だって、みんな苦手分野ってあるじゃないですか。





でも、一人一人食べる量はちがうので、

「先に分量を調整しようね!大丈夫だよ、減らして。」と声をかけた3人の子供たち。




「いただきます!」のあと、各々が野菜などを減らしていました。



が!

驚きました。


「え?!そんなに食べられるの?」


自分は減らす量の調整に立ち会いませんでしたが、3人ともほとんど減らしてなかったのです。

でも、3人とも「はい、食べられます。」と。

先週のことを考えると、ちょっと、無理かな・・・と実は思っていたのですが・・・。



「御馳走様」をしても、クラスの多くの子供が一生懸命食べていましたが、

気づいたときには、3人の子供たちも完食!


これには、びっくりしてしまい、

3人の様子を見て、

「すごいね。ほんとに全部食べちゃったの?」

と声をあげずには、いられませんでした。



自分で決めることの大切さ。

そして、「自分で決めていいんだよ。」と言われても、自分を甘やかさない選択をした3人。

自分で決めるということの価値と子供の意思の強さを感じた給食の時間でした。



2018年5月15日火曜日

うれしいお話が届きました。

実習生が来て、二日目になりました。

とても落ち着いていて、立派な青年です。

子供たちとも今日は、給食の時間、積極的に笑顔で話をしていました。

昨日より今日、今日より明日の成長の楽しみな実習生です。



さて。



先ほど、普段登下校の見守りをしてくださっている地域の方から電話がありました。


4支部の5年女子が、


帰り際、「見守り、ありがとうございます。」と、


挨拶をしたそうです。


それに感激して、お電話をくださったようです。



挨拶をした人、自然と、


「気持ちよく、挨拶をしよう」ができていたのでしょう。


そして、人の心を明るく、気持ちよくさせたのですね。


挨拶の力、挨拶をしようとした感謝の心、すばらしいです。


明日、「だれだったのかな?」と聞くのがほんとうに楽しみです。


何人も候補がいて、当たらない気がしますが、嬉しいことです。



ちなみに、職員室も、この話題で、明るい空気が流れました。


よいお知らせをありがとう!5年生。

2018年5月12日土曜日

ゆでたまごづくり

好みのかたさのゆでたまごをつくりました。

テーブルの上の水をしっかりふきとっています。

ひたひたってどれくらいだ?


火加減をしっかり確かめます。

吹きこぼれないように・・・



一人一人時間になったら取り出します。




ボールの水の中でむきます。

             しっかり冷やすとむきやすい。


                   糸で切れました。
              たまごが逃げないように・・・

            こんな大きな殻のままするっとむけました。





殻が、排水溝に入らないような気遣いもしています。
           環境を守ること。それも家庭科では大事なことです。

会社活動頑張ってます♪

まずは、手ジック!

先ほど引いたカードを当てました。

やりたい人!

コインが貫通します。

たたいてください。

かぐや姫(読み聞かせ)会社

女の子たちが、群がっています。



                真剣に聞くみんな
こちらは春夏秋冬(飾り)会社。
     今はますますたくさんの飾りで黒板がうめ尽くされています。
        夜な夜な作ってくれているとも家庭訪問で聞きました。
               好きこそものの上手なれ。
     ハイクオリティーな作品の数々を毎日見て、楽しませてもらっています。

糸のこドライブ

切る線をかいてやってみようかな・・・。

こんな風に切ってみたんだ~。

緊張する・・・

しっかり手でおさえて、板の暴れをおさえます。

線をたどってできるかな。

いろんな形で切ると面白いね。
糸のこの刃を一人一人つける練習をします。

下のねじをしめるのに、刃を穴に入れるのが大変なのです。

見える?う~ん、見えづらい。

友達に見てもらいながら刃を入れます。


下の穴に刃が入ったら、今度は上の刃をしめます。

確実にねじをしめて安全に作品を作りましょう。

今日の学習

宿泊学習明け。 楽しかったけれど、やはり疲れました。学校に来るだけで大変だったことでしょう。倒れてしまったみなさん、お大事にされてください。 昨日もおとといも楽しかったようで、子供たちはもう一泊したいと言いながら、元気プラザをあとにしてきました。「なにしたいの?」と聞いた...